修理依頼に必要な情報は?

修理依頼の流れと注意点を押さえよう

iPhoneの修理を依頼する際に、気になるポイントの一つが引き渡し方法です。どの様に引き渡せば良いのか、どの様な状態で引き渡せば良いのか、そして、何を伝えれば良いのか気になりますよね。

まず、iPhoneの修理業者への引き渡し方から見ていきましょう。引き渡し方法は大きく分けて2パターンあります。街中にある修理店の場合、そのまま、iPhoneを持参して引き渡しを行うだけでOKです。基本的に街中の修理店の場合、その場での修理となるので、対象となる本体だけがあれば修理対応をそのまましてくれます。修理後は本体をそのまま持ち帰れば良いだけなので非常に手軽です。

そして、もう一つのパターンとなるのが、郵送での修理です。郵送での修理の場合、本体のみだとさらなる故障の原因となるので、外箱もいっしょに郵送するのが一般的です。仮に外箱を処分してしまっている場合はしっかりとガードをして送る様にしましょう。

修理依頼の内容は正確に伝えよう

iPhoneの修理依頼をする際には、状態もしっかりと伝えておく必要があります。例えば、画面の修理を依頼する場合、ボタンの効きが悪くなっているのであれば、それもしっかりと申告しましょう。また、過去に正規店以外の修理店で修理をした事がある場合も申告をしておくと良いでしょう。正確な情報を伝えることで修理の流れも効率的に進みます。

なお、実際の修理に掛かる時間や日数ですが、街中の修理店の場合、早いものでは最短数分で完了します。もちろん、早ければ良い訳では有りませんが、スピーディーに修理が済むのは利用者としては嬉しいポイントです。郵送修理の場合には、モノのやりとりに時間を要するため、店頭持ち込みと比べて時間がかかり1週間程度掛かることになります。修理の期間や引き渡し方を押さえて実際の修理依頼を行いましょう。

iphoneの修理を渋谷区内で探している方は、アップルストアへ持っていくか、郵送で対応して貰うのか、はたまた修理屋さんに持ち込むのか。予めインターネットの口コミサイトで見極めることが必要です。